関西あおぞら通信

2014年4月 8日 火曜日

後の生活を考えると任意売却はメリットが多い

任意売却のメリットは?
ポイントは5つです。

① 競売に比べ高く売ることが出来る
⇒借金の返済にあてられる金額が増えるので、必然的にその後の返済が楽になります。

② ご近所に知られる可能性が低い
⇒競売の場合、家に業者や裁判所の人が来ますし情報が一般公開されるので知られる可能性がありますが、任意売却は通常の「家を売る」ことと変わらないので知られる可能性が低いです。

③ 債権者にとって競売よりも多く返済をしてくれるのでその後の返済を交渉しやすい
⇒競売に比べると任意売却の方が高く売れる=債権者に返済する金額が増えるので、残りの借金について、返済期間や返済額を交渉しやすい。

④ 持ち出し費用の負担が必要ない
必要な費用に関しては売却した代金より賄うので、持ち出し費用はかかりません。
手元にお金がなくても、ご心配なさらずご相談ください。

⑤ 引っ越し費用、時期も交渉できる可能性がある
交渉相手によりますが、引っ越し費用として20万~30万円ほどもらえる可能性がありますし、時期もある程度の融通が利きます。
競売の場合は裁判所が手続きをするため引っ越し費用はもらえませんし、時期についても通知の期日に退去しなければなりません。

上記のようにメリットの多い「任意売却」ですが、いくつかの条件が必要です。
ご相談は無料ですので、まずはお電話ください。

記事URL

2014年4月 3日 木曜日

競売開始決定通知が届いてからでも間に合います

平成19年以降、競売までの流れが早くなっています。
以前は競売の申し立てから入札の開始まで6カ月ほどかかっていましたが、今では競売の申し立てから3か月後には入札となってしまうことが多くあります。
要因としては、債権者が不良債権を早く処理しようとするためです。

競売の申し立てがされれば、あまり時間がありません。
債権者にとっても金銭負担が発生しますので、なるべく競売は避けたいところです。
住宅金融支援機構などでは、競売になった物件の任意売却を認めないことも多くあります。

任意売却が認められない場合でも、借金地獄から抜け出す方法はあります。
何はともあれ、できるだけ早く行動することが大切なのです。
お気軽にお問合せください。

記事URL

2013年12月11日 水曜日

司法書士の任意売却なら手数料が無料です

任意売却を司法書士が行った場合、お借入先の銀行や債権者に了解を得たうえで
任意売却によって得たお金の中から配分していただく仕組みになっています。

ですので、任意売却の費用を依頼者様より頂くことはありません。

競売に比べ、市場の相場に近い価格で売却が行えるので債務もより少なくなります。
一定期間の生活費や引越し資金も債権者から得られる場合もあります。
「お金がかからず任意売却できて、手元にお金が残るのです!」


関西あおぞら合同事務所では相談料も無料です、持ち出し費用はございませんので
どうぞお気軽にご相談ください。

記事URL

2013年11月19日 火曜日

任意売却で親族は関係ある?

自己破産や債務整理、任意売却について基本的に親族は関係ありません。

例外としては、収入を共にしていたり、住宅ローンなどで連帯保証人になっている場合のみ関係してきます。

より高い金額で買い取ってもらい、住宅ローンの返済に充てるのが任意売却ですが、売る相手を親族(身内)とした場合は「親族売却」といいます。

身内であれば、住んでる家を手放すことなく住宅ローンの返済が可能で、かつ買戻しも容易にできます。
金銭的に余裕のある親族がいる場合、任意売却を行う相手としては理想的です。

ただし、あまりいい顔をしない金融機関などもあるので、専門家と相談して進めていくことが重要です。

関西あおぞら合同事務所は任意売却に詳しい専門の司法書士が担当し、提携のプロの不動産会社があります。
身内による親族売却やより良い方法などをご提案いたします。

まずは無料相談からお気軽にご相談ください。

記事URL

2013年11月11日 月曜日

任意売却をした場合、引っ越し代金はどうなるの?

住宅ローンの返済が難しくなり、任意売却などによって自宅を売却した場合、当然引っ越しすることになります。
通常は売買で名義変更する日までに引っ越しをしておく必要があるため、引っ越し代金を事前に用意しておく必要があります。

不動産会社によっては、「引っ越し費用は返金する」や「○○円までは不動産会社持ちで」などもあります。
費用のことや支払の方法などは、最初から話し合っておきましょう。
経済的に引っ越し費用の捻出は難しいと思いますので、信頼のできる不動産会社を選ぶことが重要です。

競売では、執行官が写真を撮りに来たり、入札希望者が自宅を見にきたりもします。
また、物件をそのまま持って行かれますので、引っ越し代やその後の生活費でも困る可能性もあります。
なるべくそのようになる前に、計画的に売却することをオススメします

精神的に負担の小さい任意売却では、競売に比べて享受できるメリットは多くあります。
その後の人生にも関わってくるのでまずはご相談ください。

記事URL