HOME > 自己破産の手続き

自己破産の手続きについて

自己破産とは

自己破産とはのイメージ

破産とは、裁判上の手続きのことで、債務者が多額の借金によって経済的に破綻してしまった後に、所有の資産だけでは全債権者に対して弁済することができなくなってしまった場合、最低限の生活用品などを除いた全ての財産を換価することによって、全債権者を対象に、それぞれの債権額に応じて公平に弁済することを目的とする手続きです。
破産自体は債権者からも申立てる出来ますが、自己破産とは債務者が自ら申立てることを指します。
自己破産をすると、周りにその事実が知られることを心配する方が多いのですが、そのような心配はまず必要ないと言えます。なぜなら、破産手続きは戸籍や住民票に記載されるということはないからです。ご安心下さい。

本籍地の役所にある破産者名簿には記載されてしまいますが、第三者が見ることは出来ませんし、免責決定を受けると破産者名簿からも抹消されるので問題ないと言えるでしょう。

また、官報に掲載されますが、一般人が官報を見ることはまずありませんし、裁判所から勤務先の会社に連絡するようなこともありませんので、仕事に影響を及ぼす心配もありません。

自己破産の前に任意売却をするメリットは?

自己破産をすると自宅は処分されます。
ただし、自己破産前に「任意売却」をすることで経済的負担を減らすことができるのです。

自己破産をする際に自宅を所有していると「管財事件」として扱われ、裁判所へ予納金(最低でも20万~50万円)を納めなければなりません。経済的に困窮した状態で資金の調達は難しいですし、実際に手続き費用を工面するのに苦労する方も少なくありません。

自己破産前に任意売却を行うことで、破産者に資産がなくなり「同時廃止」として扱われる可能性が大きくなります。
(その他に資産があれば同時廃止にはなりません)
同時廃止になると手続き費用は3万円程で済みますし、代理人報酬の金額も20万円ほどは違いが出てきますし
手続きも簡易になり、免責が認められるまでの期間も短縮されます。

また、引越し費用に関しても、任意売却の場合は債権者が負担することもありますし、時期なども多少の融通が利きますので自己破産の前に任意売却を行うことのメリットは多いです。
悩んだらまずはご相談ください。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット
メリット 借金の支払義務が一切なくなる 客観的に支払不能であれば誰でも利用可能 申立後は債権者の請求が止まる(専門家に依頼していればその時点で請求は止まる)
デメリット 5~7年程度はブラックリストに載ってしまう マイホーム等の価値のある財産(原則20万円以上)は処分される 一定の資格制限がある ギャンブルや浪費が原因の場合は免責されないことがある 官報と破産者名簿に掲載される

自己破産の手続きと流れ