HOME > 個人民事再生について

個人民事再生のメリット・デメリット・流れ

個人民事再生とは

個人民事再生とはのイメージ

個人民事再生の手続きとは、今後借金が支払えなくなる前に、住宅ローンはそのまま返済を続け、その他の借金を5分の1などに圧縮することで月々の支払いを減額する手続きです。
この手続きは、住宅ローンの残債があり支払が困難な状況でも、住宅だけは手放したくないケースに用いられます。
条件として、住宅ローン以外の借金が5,000万円以下で且つ、将来的に安定した収入が得られる状況であれば、住宅を残したままの手続き可能です。
収入によって、3年から5年で返済計画を立てるので、手続きを行えば経済的にも無理のない状況で生活を送ることが可能となります。

自己破産が出来ない、したくない方や、任意整理ほどの借金返済は困難な方は個人再生が向いています。

個人再生(民事再生)のメリット・デメリット

個人再生(民事再生)のメリット・デメリット
住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済む 負債が原則5分の1にカットされる (ただし、最低返済額は100万円) 自己破産のような資格制限がない ギャンブルや浪費が原因であっても利用可能 保険や自動車も処分しないで済む 申立後は債権者の請求が止まる(専門家に依頼していればその時点で請求は止まる)
デメリット 5~7年程度はブラックリストに載ってしまう 官報に掲載される 債務整理の中で一番手続きが複雑なため、手間と時間がかかる 任意整理のように一部の債権者を除外することができない

個人再生の利用条件

個人民事再生とはのイメージ

●継続・反復的な収入があること
●借金が5000万円以下であること
などがあります。

小規模個人再生や給与所得者等再生の2つがあり、それぞれ条件が異なります。
詳しくはお電話やメールでお問合せください。

競売の流れ