HOME > 任意整理について

任意整理

任意整理とは

任意整理とはのイメージ

任意整理とは、裁判所のように公的機関を利用せずに、私的に司法書士などの専門家が債権者と話し合い、借金の減額や利息のカット、返済方法などを決めて和解を求めて進めて行く手続をいいます。

債務者個人で債権者にかけあうことも可能ですが、相手にされず受け流されてしまうことが多々あります。
任意整理は、公的機関を通さないため、債権者は話し合いに応じる義務は発生しないからです。
つまり、任意整理手続きは債務者個人では困難で、司法書士などの専門家に依頼するべき手続きです。

依頼費用等を考えたとしても、任意整理は今後の金利を付加させないので、債務者自身で支払っていくよりも得になると思われます。

住宅ローン以外の消費者金融の整理をすることで、住宅ローンの支払いが可能になります。
それでも返済が難しい場合は任意売却をおすすめします。

司法書士は和解交渉も当然のこと、債務者の生活の立て直しも図ります。
債務を帳消しにするのではなく、しっかりと返済していくので、借りた物は返すという希望も満たされるでしょう。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット・デメリット
メリット 裁判所を通さないで弁護士・司法書士が債権者と和解をするため債務者の負担が一番軽い 弁護士・司法書士に任意整理の依頼をすることによってすぐに請求が止まる 将来利息はカットされる 自己破産と個人再生のように官報に掲載されることがないので第三者に知れることはない 自己破産のような資格制限がない 自己破産と個人再生では全債権者を漏れなく対象に入れて手続きをしなければいけないが、任意整理であれば特定の債権者のみを対象にできる 過払金が発生していた場合は回収してもらえる
デメリット 5年程度はブラックリストに載ってしまう 強硬な債権者だと稀に和解が成立しないことがある

任意整理の手続きと流れ