HOME > 任意売却のご相談は司法書士へ

任意売却のご相談なら司法書士へ

手遅れになる前に専門家にご相談ください!

任意売却とは?のイメージ

不動産を売却する場合、競売より任意売却が有利だということは間違いありません。
債務者が住宅ローン返済出来ずに延滞してしまった場合、金融機関等の債権者は担保の不動産を差し押さえたうえで、競売を申し立てます。
競売によって不動産が売却されてしまう前に、債権者に対して任意売却を承認してもらうことで、一般市場から不動産の買い手を探すことが出来るのです。

任意売却は債務者にとってだけでなく、債権者にとってもメリットがあります。
金融機関等の債権者にとっては、競売より多くの融資金回収が見込めるという点。
債務者にとっては、自宅売却後の返済方法を、柔軟に対応してもらえるという点です。
場合によっては、引越しの費用等を支給してもらえるケースもあります。

不動産業者の勧めるように、競売より任意売却を選択する方が良いことは確かですが、本当にその二者択一で良いのでしょうか?
不動産業者は任意売却しか仕事にならないため、例え他の選択肢があったとしても、それを勧めることはありません。
自宅を手放すしか方法がないと思っていても、専門家の観点から考えた場合、自宅を残す方法が見つかるケースも少なくありません。
手遅れになる前に、法律の専門家である司法書士にご相談ください。

不動産業者が勧める任意売却の実態 任意売却のメリット・デメリット

競売・差し押さえになってしまった方も、まだ可能性はあります!

手遅れになる前に、今すぐご相談下さい!のイメージ

たとえ競売になっている状況でも、債権者の方に同意を得ることにより任意売却は可能となります。
まだ間に合うのです。

ただし、相談する時期は、一日でも早いほうが、それだけ解決できる可能性が高くなります。
何故かと言うと、残された期間が短ければ短いほど、買い手を見つけるのが困難となるため、間に合わず競売の取下げが出来ないケースがあるからです。

裁判所からの競売開始決定通知がまだ届いていない方も、今後の返済が困難になることが事前に想定できる方も、可能な限り早い段階でご相談いただくことをお勧めします。

早期にご相談いただくことで、選べる選択肢も可能性も広がります。
但し、このような場合は本当に時間がありませんので、手遅れになってしまわないように、今すぐご相談いただくことをお勧めします。

税金・管理費等で滞納がある方でもお任せください!

税金、管理費でも滞納がある方のイメージ

固定資産税や住民税などの税金、マンションの管理費や修繕積立金の滞納してしまっている場合も、役所や管理組合との話合いを行い、全て精算したうえで新たな再出発となります。

また、競売より任意売却の方が、比較的残債務の回収がしやすい事もあり、任意売却に協力的な金融機関も増えて来ています。
特に、住宅金融支援機構は、任意売却の手順書を作るなど、任意売却を積極的に勧めています。
任意売却であれば、大半のケースで引越し資金を確保でき、住み続けることに成功されている方もたくさんおられます。

任意売却は、状況や金融機関によっても様々なケースがあるので、お考えの方は少しでも早い段階でのご相談をお勧めします。

現金をご用意いただく必要はありません!

任意売却を選択しようにも、費用が心配だという方も数多くいらっしゃいます。

ご安心ください。

任意売却に関しては、ご自宅を売却する際に必要となる仲介手数料を、売却代金から差し引かせていただいておりますので、お手持ちの現金をご用意いただく必要はありません。
また、相談料も無料とさせていただいておりますので、安心してご相談ください。

任意売却の流れ